施工について

塗り替えの重要性

建物の塗装というと「ペンキを塗るだけ」 とお考えの方も多いようです。
たしかに住まいの塗装には、建物の見栄えをよくする、好みの雰囲気づくりをするなどの視覚的な効果もあります。
しかし、塗装が建物自体に与える効果は、実はとても重要です。
建物を守っているのは屋根や外壁です。その屋根材や外壁材を守っているのは、厚さ1ミリ程の塗膜なのです。
それに対し日本の住宅の平均寿命は30年と言われています。
劣化した塗膜で屋根材や外壁材を直接雨や紫外線を受けると雨漏りや構造体の劣化につながり結果的に住宅の寿命を縮めてしまいます。
ゆえに、塗膜の寿命に応じて塗り替えすることにより住宅自身の寿命が長く伸びるのです。
さらに使用する塗料によっては、防カビ・防菌・結露防止などの特別な効果ももたらします。

塗り替えの目安

屋根(コロニアル)<1液水性シリコン系>
屋根用塗料 屋根は一番風雨にさらされています。目測で表面が色あせていたら、塗膜の劣化が始まっています。
 
ハフ板(木製)/軒天<ポリウレタン樹脂塗料>
防水性が減少し、このままにして置くと、腐食します。定期的に保護塗装をお奨めします。
 
外壁/鋼板サイディング <ポリウレタン樹脂塗料>
外壁/モルタル壁 <多機能型単層弾性仕上塗料 >
手のひらで触れた時、白く粉状の物が付いて来たら、塗膜の劣化が始まっています。
このままですと、塗膜剥離の原因になり、防水性が無くなり、下地を傷め、漏水により、木部の腐食につながります。下地にあった工法・仕上げをお奨めします。
 
一般的な外壁の塗り替えサイクルは10年から13年といわれています。もちろん、塗られている塗料の性質やグレードによっても異なってきますが、この程度のサイクルで塗り替えると、予算的・工期的に無理なく、最も経済的な建物の保持ができます。
外壁はこんな症状があったら川村美装までご相談ください。
外壁補修

簡単塗り替え診断

あてはまる項目の合計点数が80点以上の場合には、塗り替えや補修の必要があります。
鉄部が錆びている 20点
木部が剥がれている
20点
外壁に藻(コケ・カビ)が生えている
20点
外壁を手でこすると白い粉がつく
30点
外壁のつなぎ目にヒビが入っている 30点
外壁材に浮きがある
20点
屋根にコケがある 30点
 
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0296-48-1454
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
川村美装はナナマルエリア内(70kmエリア)の広範囲で施工いたします。茨城県はもちろん、東京、埼玉、千葉、神奈川まで幅広く対応いたします